• useful
  • お役立ち
特集_お役立ち_20180322-1
お役立ち 2018.03.22
家事力向上プロジェクト⑨ 「サンドイッチ・おにぎらず作りに挑戦!」

特集_お役立ち_20180209-7
あたたかくなってきたので、友達と持ち寄りのピクニックに行くことになりました。友達とのピクニック、いいところも見せたいし、インスタ映えするメニューを作りたい!今回は「サンドイッチ」や「おにぎらず」作りに便利な「ぴたっとランチケース」を使って、簡単なのに見映え抜群なメニューに挑戦します。


サンドイッチを作ります!
*「もりもり野菜とハムのサンドイッチ」
【具材】
・きゅうり
・にんじん
・紫キャベツ
・ロースハム

*「野菜とチキンのサンドイッチ」
【具材】
・レタス
・トマト
・きゅうり
・サラダチキン

きゅうり、にんじん、紫キャベツは千切りに、トマトはスライスし、具材の下準備をしておきます。

まず、広げた「ぴたっとランチケース」に、食パン(8枚切りがオススメ)を1枚ずつのせ、バターを塗ります。
特集_お役立ち_20180322-2

白いプラスチックケース側にのせたパンに、なるべくパンから具材がはみ出さないように具材をのせます。この時、素敵な切り口になるようにイメージを膨らませながら、具材の向きとのせる順番に気をつけてのせていきます。
1つ目はきゅうり⇒ハム⇒にんじん⇒紫キャベツの順番で。2つ目はレタス⇒トマト⇒サラダチキン⇒きゅうりの順でのせました。
特集_お役立ち_20180322-3

具材の上にもう1枚の食パンをかさねてケースのふたを閉めると、うすいシリコーン製のふた部分がサンドイッチにぴたっとフィットします。ケースのロックを3箇所とめてしばらく置き、パンと具材をなじませます。
特集_お役立ち_20180322-4

それではフタをオープン!ケースからサンドイッチを取り出して、切る方向を間違えないように(ここ重要!)包丁で半分にカット。
たっぷり具材のインスタ映え間違いなしのサンドイッチが完成!
特集_お役立ち_20180322-5


おにぎらずを作ります!
*そぼろおにぎらず
【具材】
・鶏ひき肉
・炒り卵
・ほうれん草

*スパムおにぎらず
【具材】
・スパム
・炒り卵
・レタス

材料のそぼろ、炒り卵、ゆでたほうれんそう、スパム、レタスを用意します。ご飯の量は1個に対してお茶碗軽く1杯分が目安です。

広げた「ぴたっとランチケース」の白いプラスチックケース側に、のりを斜めに置き、中央に茶碗半分のご飯をのせます。あとからのせる具材がはみでない範囲にご飯を広げ、平らにならします。

おにぎらずも、できあがりの断面をイメージしつつ、具材の向きとのせる順番に注意して、具材がご飯からはみ出ないようになるべく平らにのせるのが、きれいな断面を作るポイントです。
1つ目はスパム⇒炒り卵⇒レタスの順番で。2つ目は そぼろ⇒ほうれんそう⇒炒り卵の順でのせました。
特集_お役立ち_20180322-6

最後に、具材の上に残りのご飯をのせて平らにならし、のりの四隅からご飯がはみでないように包みます。ケースのフタをしめ、ロックをとめて、ご飯とのりがなじむようにしばらく置いておきます。
特集_お役立ち_20180322-7

さて、ご飯とのりが十分になじんだら、切る向きを間違えないよう注意しながら、水で塗らした包丁で半分にカット。
お、なかなかの出来映え。「おにぎらず」完成です!
特集_お役立ち_20180322-8

 

初心者には難しいと思っていた、具沢山のサンドイッチとおにぎらずが「ぴたっとランチケース」を使うと、具材を重ねてフタをしめるだけで簡単に作れました!今回は、断面を見せるために一度取り出してカットしましたが、作ってそのまま持っていくこともできるので、普段のお弁当としても手軽に作れます。具材を変えて、美味しい組み合わせを見つけたいと思います!
特集_お役立ち_20180322-9

**********
▼今回使った商品はこちら
ぴたっとランチケース 1,380円(税抜)
立つバターナイフ 800円(税抜)
立つお弁当しゃもじ 362円(税抜)
**********

Other Featureその他の特集

もっとみる