• useful
  • お役立ち
特集_お役立ち_20180302-1
お役立ち 2018.03.02
悩み多き 水筒メンテナンス

毎日持ち歩く水筒やマイボトル。寒い冬にはあったかい飲物を入れて、暑くなったらつめたーく冷やした飲物を入れて・・と1年中大活躍です。
そんな水筒やマイボトルのメンテナンス、毎日となると結構めんどうです。
細かいパーツや溝が多くて洗いにくかったり、中までキレイに洗えているのか不安に感じたり・・・と小さなストレスですが、毎日となると結構なもの。今回はそんな水筒に関する悩みや不満を解決する商品をご紹介します。

 

●水筒のフタや飲み口がきれいに洗えるブラシ
水筒のフタや飲み口をよーく見ると茶しぶで汚れていた!なんてこと、よくあります。「水筒すき間洗いブラシ」は届きにくい複雑な形も洗いやすいように斜めにカットされた「すみブラシ」や、狭い溝に入り込み、汚れをかきだす「すき間ブラシ」、はずしにくいパッキンを簡単にはずせる「パッキン外し」の3つの機能がついたブラシです。

特集_お役立ち_20180302-2

水筒すき間洗いブラシ 580円(税抜)

 

●届きにくい水筒の中をしっかり洗える
人気の「これは使えるシリーズ」の「マイボトル水筒洗い」は、マーナ独自のハード樹脂加工を施された生地を使った、洗剤なしで茶しぶ汚れを落せるスグレモノ。先端がL字型になっており水筒の底のすみっこにもしっかり届くのがポイントです。

特集_お役立ち_20180302-3

マイボトル水筒洗い 619円(税抜)

 

●やっぱりブラシが好き!
いろいろあるけど、やっぱりブラシが好き!という方には、こちらの先端がL字型になった「冷水筒・ポット洗いブラシ」。かたさの違う2種類の毛を使っており、水筒の中はもちろん、直角に曲がった先端で底もラクラク洗えます。

特集_お役立ち_20180302-4

冷水筒・ポット洗いブラシ 1,100円(税抜)

 

●乾かしにくい水筒&小さなパーツも一気に干せる!
複数のボトルや細かいパーツもしっかり干せるのが「ボトル水切りスタンド」。乾かしにくいフタも、細かいパーツも一気に干せます。枝の部分には細かいパーツが干せるので「どこ行った?」と探すこともなくなります。また使わない時はスリムに収納できるのもポイントです。

特集_お役立ち_20180302-5

ボトル水切りスタンド  980円(税抜)

 

●乾きにくい水筒の中にはエコカラット!
エコカラットは珪藻土の約5倍の吸・放湿性がある素材。この素材の特長を活かした便利グッズが「ボトル乾燥スティック」。洗った後の水筒の中に入れておくだけで、中に残る水滴をすばやく乾かしてくれます。
*エコカラットは株式会社LIXILが開発した「多孔質セラミックス」です。

動画はこちらから
エコカラット ボトル乾燥スティック 980円(税抜)

Other Featureその他の特集

もっとみる