• useful
  • お役立ち
特集_お役立ち_20171025-1
お役立ち 2017.10.25
家事力向上プロジェクト⑥ 「ハロウィンに向けてかぼちゃのスープに挑戦」

特集_お役立ち_20170509-2

10月31日はハロウィンですね。
ハロウィンに向けてかぼちゃを使ったメニューを作りたいなぁとレシピを物色していたところ、簡単そうで、しかもおいしそうなメニューを見つけました。今回は「かぼちゃスープ」に挑戦します!

それでは、調理スタート!
まずは下準備から。かぼちゃの種とわたをとり、サッと洗ってラップでくるんだら、電子レンジで加熱します。(600Wで5~6分くらいが目安です)黄色い部分だけを使いたいので、やわらかくなったかぼちゃを適当な大きさに切り、皮を取り除きます。

つづいてかぼちゃをつぶしていきます。ここで登場するのが「スプーンマッシャー」!先端のギザギザ部分でかぼちゃをザクザク崩していきます。

特集_お役立ち_20171025-2

細かくなったら、底面でなめらかになるまでつぶします。マッシャーの底面には凸凹したエンボス加工が施されているので、少々硬いかぼちゃのかたまりもしっかりとらえてつぶすことができます。

そこに牛乳を加えながら混ぜると、かぼちゃがみるみるペースト状に。さらに牛乳を加えると、見た目はスープに近づいてきました!

特集_お役立ち_20171025-3

これを鍋に移して、弱火にかけます。目指すのは「なめらかな口当たり」!先ほどつぶし切れなかったかぼちゃの小さなかたまりを火にかけながら、さらにマッシャーでつぶします。マッシャーは耐熱200度なので安心して使えました。

かぼちゃがなめらかになったら、いよいよ味付けです。「oiciaロング計量スプーン」を使ってコンソメと砂糖を量ります。この計量スプーンは袋から直接量れるので、面倒くさがりの私にはぴったり!そして柄が長いのでそのままスープを混ぜられます。

特集_お役立ち_20171025-4

つづいてコクを出すためにバターをひとかけら投入し、しっかり混ぜて味をなじませます。このとき「トライアングリップシリコーンお玉」が便利。シリコーンで覆われているので、鍋肌についたスープもスクレーパーのようにきれいにとれて、鍋を傷つけずにしっかり混ぜられます。最後に塩コショウで味を整えて完成です!

さて、最後は盛り付けです。このシリコーンお玉は先端に角があるのでお皿に注ぎやすく、また、スクレーパー機能でスープを最後の1滴まで残さずとりきれました。仕上げにパセリをトッピングして、見た目もおいしそうに出来上がりました!

特集_お役立ち_20171025-5

机を飾りつけてハロウィンぽく演出!マッシャーでかぼちゃをしっかりつぶしたおかげで、口当たりもなめらか。かぼちゃの風味も濃厚で美味しかったです。素材を変えて、さつまいもスープやじゃがいもスープにも挑戦してみたいです。

**********
▼今回使った商品はこちら
スプーンマッシャー 648円(税抜)
oiciaロング計量スプーン 500円(税抜)
トライアングリップシリコーンお玉 1,000円(税抜)
**********

Other Featureその他の特集

もっとみる